おりょ工房

デジタル&リアルアート、音楽、絵画、小説、マラソン、トレラン等のブログです。

【考察】ハンドメイド作品はどうやったら売れるか?


地元のフリマに昨年に引き続き参加。ペットボトルフラワー売れるかな?
●環境
地元の大きな公園でフリマの客層は子育て終了した世代が7割、子育て世代が2割、独身・学生が1割
購入権利はほぼ女性が握っている。
●商品ラインナップ
ハンドメイド(ペットボトル、どんぐり、ピスタチオ)と妻セレクトの子供服&おもちゃ

●販売状況(とつぶやき)
◯ハンドメイド品
・フリマ開始時間前にどんぐりトトロ(大)が二つ、即決で購入。「これはいい、これはいい」ととても喜んでいました。日本語ぺらぺらのインド系のおじさん(もっと高くても買ってもらえそう。)


・顔見知りのおばちゃん(でも誰だかわからない、本当に知り合いかな?)といろいろ話をしてピスタチオのてんとう虫ストラップを購入。猫のものが欲しかったようだ。(猫人気だな。可愛いけど作るの難しそう)

・おしゃれなおばあさまがペットボトル桜(大)を即決で購入。本日、最も高値の商品。昔アメリカンフラワーを買ったことがあるようで、「安い安い、いいもの見つけた」って感じでとても喜んで購入してくれた。こちらも嬉しい。(アメリカンフラワーを買ったことがある人にはペットボトルフラワーは同等で安いと思うようだ。)

・小学生の女の子がものすごい熱心に100円でペットボトルフラワーを売ってくれ、と攻撃されるが、丁重にお断りした。(後から考えると、ペットボトルを今後ポイ捨てしないという条件で打ってあげればよかったかな。)

・日本在住の中国の子育て世代の女性がペットボトルローズ購入!最初はミニ桜を二つ購入し、その後バラも購入。気に入ったようだが、もっと安かったら2本買ったような感じ。(価格設定は難しい)


・どんぐりトトロ&雪だるまが2個売れる。子育て世代、両親&子供全員で選んでいる。一度見て悩んで再度見に来てくれた。最後まで悩んで二つとも買ってくれた。雪だるま付きと透明トトロ。(可愛いものは、綺麗なものより強い。)

◯子供服&おもちゃ
購入する人は若い子連れのお母さん。興味があって近寄ってくる人はサイズが合えばだいたい買っていく。近寄ってきたら、すかさず希望サイズを聞いてあげて商品を出すと喜ばれる。子供、特に男の子は自分の服に興味はなく、次の場所のおもちゃのありそうな移動したがる。そのためにもおもちゃを併設しておくことがすごく有効。ただし今回のフリマ会場では子育て世代かつ子供服に興味を持って近づいてくる人は50人に一人くらい。
おもちゃはキャラものが強い。(戦隊モノ、仮面ライダー、サンリオ等)

●考察・ハンドメイド購入する人
興味を持ってくれるのは、美意識のある人。具体的には今回の会場では、アクセサリーをしている、スカーフをしている人など。服装に無頓着な人はまず見ていかない。代表例はフリマは生活必需品を安く買う場、と信じて来ているおばさまがた。今回の会場だと9割くらい。若い人は男女共に大体見ていく。
チラ見する人の2〜30人に一人は「おー」とか「すごいね」と独り言を言う。更に100人に一人くらいが、話かけてくる。
購入するのはその中の5−10人に一人、すなわち500人から1000人に一人って感じ。おしゃれなおばさま、若い夫婦、外国出身者、が多い。
そもそも日本人で美術館に行く人って100人に一人くらい?、綺麗なものを買いたいと思う人がその中で更に100人に一人くらいかなー。今回の会場ではハンドメイドにっては完全にアウェイな気もするし、一般的な日本の縮図、って感じもする。
●値段設定について
桜(大)の価格設定はもっと高くでもOKな感じ。バラ(大)はもっと安いと喜ばれる感じ。
桜(小)の価格設定は安い感じ。
作成の工数をベースに考える製作者と消費者の想定価格にアンマッチあり。例えばこの会場では300円以下の心理的な壁は低く、ちょっと良いと思えれば購入する可能性高い。一方500円以上になると感覚がシビアになり、実用性、損得勘定を考える傾向。簡単に作れる方法で300円以下にすると売れる。500円以上にするにはちょっと綺麗以上の何かが必要。。といったところが消費者の心理のよう。
そのハードルが上がる価格は、場所や外国人、若者によって多分違うと思われる。

●結論
・子供服を売りたいならとおもちゃの併設は必須、興味を持って近寄ってきた人には希望サイズ聞いてあげると喜ばれる。
・アートの需要は多くないが、欲しい人はすぐ買う。
・一般消費者は生活必需品を安く買いたい。
・これを選挙に置き換えると、オバチャマ達に受ける公約をするのが当選の近道!(脱線・笑)

●所感
自分の場合、ハンドメイド品は売れるのはもちろん嬉しいけど、それ以外にも「すごい」「綺麗」と呟いてくれたり、何も言わないけどペットボトルでできてることに気づいて驚きの顔をしていく人を見るのが楽しいと思う。
安く生活必需品を買いにきた人が、ちょっと良い作品を見て心が和む、微笑む、というのに喜びを感じる事に気付きました。

いろいろ面白い体験をしました。

●質問
皆さんならいくらなら喜んで購入しますか?

信越五岳トレイルランニングレース2019・100マイル参戦記

f:id:oryokobo:20190916154316j:plain

久しぶりの初参加のウルトラトレイル、いやここ数年はマラソンも含めて新しい大会に出ていない。同じ大会に繰り返し出るのが自分のスタイル。本もなんども同じものを読むし、なんども繰り返してその都度良さを見つけていくのが自分のスタイルかも。
いきなり脱線。

この大会はトレイルランナーの石川弘樹さんの熱い想いでランナーとスタッフ、地元が一体感を持って楽しめる大会を目指していて、実際その通りでした。

夕方18:30スタート、斑尾高原のゲレンデを登るランナーのヘッドライトの光が天の川のようでとても綺麗(天の川は見たことありませんが、、、比喩として)
その横を明日のスタートの110kmのランナーが花道を作って応援してくれます。
ハイタッチをしながらテンションアップ。

しばらくトレイルを走ると再び熱い声援が聞こえてきます。少し周回して再びスタート地点近くに戻ってきて、2回目の熱い応援です。これには感動しました。うまいコース設定ですね。すごく気分が盛り上がりこれだけでもこの大会の印象がとても良くなります。こういう仕掛けがいろんなところにあるのがこの大会の特徴です。

さてこのトレイル、噂通り、
「走れるトレイル」
いや
「走らされるトレイル」
もっというと
「走らないと関門に引っかかるトレイル」
でした。

いきなり菅川という17kmの第一エイド地点まで2時間半ほど走る。走れるトレイルで気持ち良いのだが、ノンストップでこんなにトレイルを走ったの初めて。いきなり初体験。菅川すぎてやっと山に入って自分にとってのトレイルランぽくなってきたが、こういう登り系は全体的に少ない。上州武尊やUTMFとはずいぶん違うトレイルでした。
こんな練習してないな〜、これで足が持つかな〜
かなり抑えて走ったつもり。

18:30スタート
21:00 17km 菅川 予定20:30 30分遅れ
  抑え気味で入ったのでこんなもの?900mlの水が結構なくなり、補給。
21:35 斑尾山
22:10 22km バンフ 予定21:45 25分遅れ
  ちょっと挽回、山の上り下りはきついけど、慣れてる。やはり水を補給。夜なのに結構なくなる。気温高いし、走れるからかな。トイレに行く。
第二エイドからは次の赤池のエイドまでは淡々と走る。あまり記憶ない。
0:50  36km 赤池 予定0:30 20分遅れ
コーヒー飲んで、オレンジ食べて、味噌汁飲んだけど、エイドの記憶はほとんどなし。


さて、最近の大会では胃が気持ち悪くなり補給食が食べれなくなることがあるのですが、今回はこれがひどい。その対策もあり、補給食を全てジェルにしたのですが、このジェルを受け付けない。胃が鳴る?状態で、吐き気との戦い。走れるトレイルで胃が暴れるから?
ガスター10を飲みましたがほとんど効かず。せっかくの走れるトレイルがだんだん走れなくなってきました。これが今回の最大の残念なところ。
月が明るく、ヘッドライトがなくても影ができるほど。
中秋の名月の二日後のなので月がとても綺麗。
月を見ながらゆっくり走ったり、歩いたり。月が神秘的に綺麗なので詩?ができた。

f:id:oryokobo:20190916154412j:plain
神秘的に輝く月
月は夜を支配する
月は真夜中、本性を現す
太陽は昼、月は夜、
太古から同じように地球を照らす
それぞれは別の世界

第一関門のアパホテルにはなんとかたどり着きたい。
信越の思い出をナイトランだけにしたくない。
だらだらとしたくだりをオエオエしながら必死に走る。オエオエがなかれば最高に気持ち良いトレイル。
夜明け前の暁の山々が神々しい
写真を撮りたいが時間的に余裕なし。
なんとか、10分前にアパ到着!

2:00  袴岳山頂
5:20(関門5:30) 55kmアパ 予定4:00 1時間20分遅れ

関門は5:45までに出れば良いので、ドロップバックを受け取り大急ぎで着替えと補給。
ここでは楽しみしていたドロップバックに入れていたトムヤムクン味のカップヌードルを食べる。お湯を入れてもらいさあ食べようと思ったら、

あれ?箸がない!

ムムム!

、、、

指で食べました!

人間その気になると何とかなるものですね。
さて5:45の2分前にエイド出発。次のエイドはまた関門で8:00まで2時間15分、17km時間、キロ8分で行けば間に合う!
序盤はくだり基調なのでここで飛ばせれば、と思ったがここでキロ9分くらい、キビシー
信越の朝のトレイルを楽しもう!作戦に変更。
気持ち良い最高のトレイルでした。
しかし気力と体力が尽きたのか、あまり走れず。明日が売り切れ状態です。
ゆっくり、トレイルを楽しむ。また詩?ができた。

f:id:oryokobo:20190916154424j:plain
山々は神々しい
自然の恵みと畏怖の念を与える
山に囲まれた生活と
山に囲まれていない生活は
根源的に違う世界だろう

8:40(関門8:00) 72km 青少年自然の家 予定7:30 1時間20分遅れ

時間切れ〜
こんな早くに終了になるとは思っていませんでした。
f:id:oryokobo:20190916154449j:plain
このエイドで食べたオレンジの美味しさと青い空が忘れられない。


f:id:oryokobo:20190916154419j:plain
神々しい
月に照らされ
夜道ゆく
信越五岳
一岳登る

いつか忘れ物を取りに来ます。

番外編
黒姫エイドのすぐ近くキッチンカフェ茶房主さん、オススメです。
山椒とココナッツミルクベースのタイ風のカレーうどんが絶品。サラダやスープ、漬物も美味しい。
混んでますが、並んでも食べる価値あり。

f:id:oryokobo:20190916154508j:plainf:id:oryokobo:20190916154502j:plainf:id:oryokobo:20190916154454j:plain


トレランブログランキングに参加しています。
クリックをしてもらえるとランキングが上がります。
是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

持続可能な社会におけるお金の使い方


もう20年以上前のことだ。
当時学生だった私はある種の若者にありがちな世界のいろいろなところを見てやろう、という野望のもと長期休暇のたびに滞在型の貧乏旅行に行っていた。
サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストン、台北、上海、ロンドン、どこも2週間から一ヶ月、サマースクールや友人宅に泊めてもらって観光地にはほとんど行かず、現地の生活を楽しんだ。ニューヨークではソーホーに通い詰め、自由の女神は結局見なかったし、ロンドンでも蚤の市が楽しく、ビックベンは記憶がない。
服も現地の古着屋で購入し、観光客から道を聞かれる程度に地元に溶け込んだ。そこで感じたことはその後の自分の形成に何かしらの影響を与えている。

今回はその中でも人生形成に大きな影響を持ったロンドンで感じた感覚を思い出しながら文章化してみたい。

1990年台後半、ロンドンも日本も経済状態が良くなく、金融破綻とか経済がマイナス成長、とかそんな状況だった。

ヒースロー空港に降り立ってからイギリス滞在中はほとんどずっとどんよりした曇り空。
物価は高く、食パンが400円、タバコが500円、リーバイスが1万円。食べ物も服も日本に比べてとても高かった。買うものがない、買いたいものがない、が第一印象。現地に溶け込んで暮らし始めると、食材は安いものもあった。豆とか、ジャガイモとか。あまり美味しくなかったが。服は古着屋が充実。蚤の市がいたるところで開催されていて、どちらも掘り出し物を見つけるのが楽しかった。当時日本ではまだ古着屋もフリーマーケットもあるにはあったが生活に溶け込んでる状態ではなかった。

そこにあったのは新しいものが良いという価値観とは違う価値観。
ロンドンもしくはヨーロッパという長く偉大な石の文化の中で、数百年前の石畳や建物や文化に囲まれて、人々はお金を使わずとも生活を楽しむ術を心得ているという発見。

日本はもちろんニューヨークや上海でも街はどんどん新しくなりそこに活気があって人々は忙しくも刺激的な生活を送っている。

ロンドンでは特に新しいことに価値を持っていないようで、その中でゆっくりと人間的な生活を楽しむ、という感じだった。(とは言ってもアバンギャルドなアートは当然あってその振れ幅もすごかった)

忙しく働いてお金を稼いで使って新しいものから刺激を楽しむ生活、その一方で(仕事もないので)あまり働かず、(お金もないので)お金をあまり使わずに生活を楽しむ楽しみ方を知っていて、楽しく過ごす生活。
こんな生活の仕方があるんだな、当時の自分は何気なくカルチャーショックを受けた。当時受けたこの感覚は自分の中で成長し生き続けている。

モノからコトへ、とか消費型社会から持続可能社会へ、などへの私の共感を裏付ける一つの体験だ。
お金は上手に使えば人生を豊かにする。しかしこれはいうほど簡単なことじゃない。
お金を使わずに楽しむ生活ができる人こそが、お金を上手に使って人生を豊かにできる人だ、と私は密かに思っている。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

脱プラ問題とペットボトルアートについて

ペットボトルの素材としての質感や透明感に魅力を感じでハンドメイドの材料にしている。
最近、廃プラ問題が新聞の紙面をにぎわせている。
子供の将来を考えると無視できない問題だ。この6月、軽井沢で「2050年までに海洋プラスチックごみゼロ」の国際枠組み創設が合意された。
国、企業、個人努力任せで実効性あるのか、と言う意見もあるが、私はこれらの流れが世論わ、変えていくと思う。スーパーのレジ袋の有料化をはじめ、多少不便になってもプラスチックから代替手段への切り替わりに対してあまり不満を持たなくなるという啓蒙効果が大きいと思う。
人の意識が変わらないと行動は変わらない。
最近、身近なところで当たり前になってきているもの。
マイボトル、マイカップ、マイバック、リサイクルTシャツ、、、

大量消費社会から循環型社会に移行していく途中ですね。

地球に優しいってかっこいい!

この意見に賛同される方は以下のバナーをポチっとお願いします。🙏


こんな感じで作ってます!

ペットボトル紫陽花

これでペットボトル1.5本分

もっとたくさん作りたいがハサミを切る腕が疲れる〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

トレイルランニング界では当たり前?
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

湘南国際マラソン

12月1日の湘南国際マラソンに出場することにしました。

今年は4月のUTMFの目標に対して
1月のハイテクフルマラソン
3月の板橋cityマラソン
と準備をしてきました。

UTMFロスで腑抜け状態から

9月の信越五岳100マイルと言う目標ができました。

その後に、
12月の湘南国際マラソン
1月のハイテクハーフマラソンと勝田マラソン
うまくいけば
3月は東京マラソン

一転して、例年にないかなりハードな1年となりそうです。

狙いは
100マイラーの仲間入り

久しぶりのフルマラソンの自己ベスト更新!

身体のオーバーホール!





トレランブログランキングに参加しています。
クリックをしてもらえるとランキングが上がります。
是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

ランニング中の事件!

ランニング中にリザードンが現れて、襲われました。

最後は頭を掴まれて、、、



皆様も気をつけて!



笑笑


トレランブログランキングに参加しています。
クリックをしてもらえるとランキングが上がります。
是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

足の裏と指と爪の鍛え方

ワラーチが気持ち良い季節になってきました。
ワラーチは裸足に近く気持ち良い。
ワラーチって良いよ、とSNSに写真をアップすることも増えてきそう。

実はこの足、これ以上のアップには出来ません。足の裏や指の皮、爪がぼろぼろなのです。
ランナーの勲章!と勝手に思っていましたが、
これを機会に、足の裏、指、爪を美しく活動を始めようと思います!

と言うわけで生まれて初めて皮膚科へGO


、、、


診察はあっけなく、3分で終了。
ランナーの勲章と思っていたこの症状、

なんと、、、


水虫!の一種だそう。

ジュクジュクもしてなくて痒くもないのですがそういう水虫もあるそうです。


足の裏用、爪用の2つの薬を貰う。

さて効果はいかほどか。
1ヵ月位で効果が現れてくるそうです。

トレランブログランキングに参加しています。
クリックをしてもらえるとランキングが上がります。
是非クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村